保険の違い

学資保険とこども保険の違い

学資保険とこども保険というのを聞いたことがあるでしょうか?これらはよく似ているようなものに思われますが、どういった違いがあるのでしょう。
元々この二つは違った意味合いのものでした。
学資保険は、教育費の積み立てを第一として貯蓄性が高いというものです。

また、契約者に万が一があった場合は、以後の保険料が免除となり、保障は続くというものになっています。
こども保険とは、子供の医療保障を第一の目的とするものです。
子供が怪我や病気などで入院、または通院となった場合に保険金の給付を受け取ることが出来ます。

中には他の子供に怪我をさせてしまった場合の保障もあり、付帯することが出来ます。
そして、将来を考えて教育費を積み立てることも出来るものです。
上記のように、内容としては良く似ていますが、第一に置く目的が違っているため、違う者のように扱われていました。

しかし、近年では学資保険の方に保障内容が充実してきていて、また、特約などで付帯できる保障が増えてきました。
そのため、現在では同じように扱われていることがほとんどです。
これはどちらを重きに置くかによって人により変わると思いますので、様々な会社を見比べて選ぶといいでしょう。

このページの先頭へ