保険の違い

学資保険の平均的な保険料

学資保険に限らず、保険料というのはどれくらいかかるのでしょうか。
こういった保険料は自身の設定する保険金によって変わってきますので、相場などを知ることは難しいと思います。
積立金や満期をいつに設定するかにもよって変わってきます。

また、お子様のためとはいえ、自分たちが生活するうえで、無理が生じてはいけません。
無理のない保険料で溜めていくことが必要です。
子供の教育費ですが、小学校に入学からとなると卒業までに約180万ほどの教育費がひつようになります。

それが中学、高校と上がると更に必要になり、また幼稚園や大学まで、と考えると更に必要になるでしょう。
高校までを考えると、少なくとも600万以上はかかるでしょう。
ならばそれを保険に、とはいきません。

その後に子供が増えていく可能性もありますので、一気に貯めようと考えず、少なめに見積もっておくほうが無理がないと言えるでしょう。
一人辺り、100万くらいを目途にすると、毎月の保険料は1万と無理のない金額に設定することが出来ますので、この辺りが一般的な相場のようです。
しかし、家によってはやはり多めにと考える方もいらっしゃるかもしれません。
そういった場合には、1万5千円ほどの差で考えておけば、少し多く貯めることも出来ます。

このページの先頭へ