保険の違い

学資保険の返戻率とは

学資保険を選ぶうえでとても大切なのは返戻率です。
返戻率は満期でもらえる金額に反映されるもので、これが大きければ大きいほど、もらえる額が大きくなります。
返戻率の計算の仕方は、祝い金と満期保険金を足して、契約者が支払う月々の保険料の総額に100をかけることで計算が出来ます。

例えば、この返戻率が計算の結果90%だったとしましょう。
そして満期保険金と祝い金が合わせて200万だとします。
これに0.9をかけると、もらえる金額が180万となります。

これが返戻率110%だとすると、220万となり、最終的に受け取れる金額は高くなります。
貯蓄性の高い保険を選びたいという方であれば、この返戻率の高い保険を選ぶことが大切です。
100%以下だと、元本割れしてしまいます。

しかし、この元本割れしている保険も、ただ損をするだけではありません。
これには医療保障などが入っているものがほとんどになります。
医療保障も合わせているため、こちらの取り分が少なくなっているということなのです。
学資保険の重きを貯蓄に取るか保障に取るかによって変わってきますので、どちらを取るかをよく考えて選びましょう。
どちらがいいか分からない時は、加入を考えている保険会社に相談してみるのも一つの手です。

このページの先頭へ