保険の違い

学資保険に加入できないケースとは

学資保険の加入には条件がいくつかあります。
大切なお子様のための保険ですので、やはり少々敷居が高いものになっているようです。
まず、年齢制限があります

これは女性ならば16歳から60歳、男性ならば18歳から60歳までとされているところがほとんどのようです。
この中で、年齢が高くなればなるほど、怪我や病気をする確率が高くなり、高齢者であれば死亡率が高くなってしまいますので、加入を認められなかったり、保険料が上がってしまいます。
また、お子様の年齢にも制限があり、0歳から7歳、10歳から15歳というように設定させているところが多いです。

中には6歳まで、というものもあります。
そして、とても重視されるのは健康状態や傷病歴、職業なども告知する必要があります。
危険な職業に就いていたり、持病があるなどすると加入を断られる場合があります。

ただ、これは会社によって審査基準が違いますので、何社かで確認してみると、同じ内容でも加入できる会社があります。
断られても、保険料増額や記載されている病気に関しては保障しないという条件を出され、それを応じれば加入することも出来ます。
また、中には健康状態や傷病歴を、偽って申告する方もいるようですが、そうしたことが後日判明すると告知義務違反となり、契約解除となってしまいます。
嘘はつかないようにしましょう。

このページの先頭へ