保険の違い

学資保険は契約者の年齢も条件に!

保険には、その商品の内容によって様々な制限があります。
年齢制限もそのうちの一つです。
では、学資保険ではどのように設定されているのでしょうか。

基本的な制限は、成人していれば問題ないと思います。
そもそも学資保険はお子様の為にかけるお金ですから、お子様がいないと始めることが出来ません。
年齢制限としては女性なら16歳から60歳まで、男性なら18歳から60歳までというように定められているところがほとんどのようです。

これは結婚できる年齢と同じように設定されているようですね。
年齢が高く設定されているのは、最近では晩婚が多くなったのもありますが、高齢で子供が授かる方もいることや、学資保険は子供のための保険ですが、孫のために加入される方もいますので、その方にも向けて作られています。
しかし、学資保険は加入時に年齢が高いほど、保険料が大きくなります。

保険の商品内容や会社によって異なりますが、そうなるケースがほとんどのようです。
これはなぜかというと、高齢になればなるほど、万一に死亡に至る可能性が高くなってしまうためです。
学資保険にはそういったもの保障内容もありますので、年齢が高くなるほど保険料も高くなる仕組みなのです。

このページの先頭へ