保険の違い

学資保険を途中で解約した場合

学資保険は定期預金などに比べると利回りが良いため、満期まで保険料を支払えば返戻率が100%を超えることがほとんどだそうです。
では、途中で解約した場合はどのようになるのでしょうか?
途中での解約になった場合は解約返戻金をもらうことが出来ます。

ただ、解約返戻金は支払いが終わっている分の保険料額を元に計算しますので、加入期間が短いようであれば解約返戻金が0になる場合もあります。
この場合掛け捨ての保険となるため損をしてしまいます。
また、学資保険は解約してしまうと、もう同じ条件では再加入することが出来ません。

その時にはお子様の年齢も変わっていると思いますので、保険料も高くなってしまいます。
契約者の健康状態も変わっていて悪くなってしまっている場合には、契約することが出来ない場合もありますので、その点も考慮してから解約をするようにしてください。
現在はで不況ですので、突然の失業ということもあります。

そうした場合は保険料を払い続けることは難しいでしょう。
もし経済的に保険を継続することが難しい場合は、満期保険金を少なくして保険料を軽減するということも出来ます。
また、一定年数以上、保険料を支払い続けていると、一時的に支払えない場合には保険料を保険会社に建て替えてもらうことが出来る制度もありますので、すぐに解約せずに、相談してみましょう。

このページの先頭へ