保険の違い

学資保険には税金がかかる?

学資保険には、実は税金がかかります。
満期金を受け取る際に一時所得税がかかるのです。
一時所得は収入金額から収入のために支払った金額を引き、更に50万を引いて、それを2で割ることで出てきます。

保険金であれば、収入額が満期保険金、支払った金額が保険料ということになります。
これ以外にも一時所得がある場合はそれらの金額も足しての計算になります。
これは保険の利回りがよかった時代があり、その時には満期金と配当金がもらえたので課税対象となっています。

しかし近年では利率が低くなってきていることもあり、学資保険の対象額を計算してもマイナスになる場合がほとんどです。
そのほかに一時所得がなければ、課税対象になることは基本的にないでしょう。
また、育英金を付帯している方がいれば、契約者に万が一のことがあった場合、育英金や満期金を受け取ることができます。

これを受け取ると所得税が課税されてしまいます。
所得が38万を超えた場合、住民税や所得税が課税されるようになります。
ここで、お子様を受取人にしていた場合が問題です。
お子様が受け取るとお子様に所得があるということで、親の扶養から外されてしまいます。
保険金は受け取る際に所得が発生する場合がありますので、その点を踏まえて、しっかりとプランを立てましょう

このページの先頭へ